HOME>アーカイブ>真夏の現場における熱中症からくる被害を防げる作業着
作業員

猛暑による熱中症から社員を守るため

作業着に小型の回転する羽が付いたものを、空調服や作業服ファンと言います。電源を入れるとファンが回転し、作業服の中に外部から新鮮な空気を取り入れることができます。ファンと言っても非常に小さく作られているため、重さを感じることもなく快適に作業を続けられるのが特徴です。この製品が主に使われるのは、夏場の暑い季節に作業を行う時です。夏場の強い日差しによって気温が上昇すると、ひどい時には30°を超えてくるのが当たり前となっています。そんな気象条件下でも怪我をしないように長袖の作業着を着用する必要があり、現場の人にとってはかなり辛いはずです。しかし作業服ファンを着用すれば、外部の涼しい空気が作業服の中に取り込まれるため、体温を効率よく下げることができます。もちろんファン自体も汗の蒸散に一役買ってくれますから、熱中症を予防する手段としても効果があります。

少ない費用で快適な作業環境を実現できる

これまで現場で夏の暑さを凌ぐには、大型の扇風機を準備するといった方法が一般的でした。しかしこの方法では、扇風機の前にいない限り体を冷やすことができません。現場の作業は様々な場所で行われるため、その数だけ扇風機を導入するとなると、どうしても費用がかかることになってしまいます。こうした問題も、作業服ファンを導入すれば解決できます。作業服自体に涼しくするための装置がついているため、どの場所に移動しても快適さを体感できるからです。扇風機を設置するのが難しい、狭い空間や高所でも難なく使えることから現場で選ばれています。価格の安さも大きな魅力です。扇風機を多数投入するに比べると、作業服ファンの方が格段に少ない費用で豆乳できるからです。作業員全員に配布することで、大切な人材の損失を防ぐことにもなります。